アフィリ初心者の情報商材レビュー日記

ご訪問頂いた記念にPing送信ツールの無料プレゼント実施中
Ping送信ツール Be-PING

FXのメリットとは、

自分で自由に通貨の組み合わせも選べて、
レバレッジの倍率も自分で選べる。
自由な組み合わせで利益を追求できます。



他の投資と比べると決済期限がないのも魅力的。
取引時間も世界中が相手なので24時間の取引が可能。



サラリーマンなど昼間の仕事を持っている人でも
帰宅してから夜21時くらいからアメリカのマーケットが
オープンするので流動的な時間帯での取引ができるのも魅力です。



現在の機軸通貨はドルなのでいやでも世界情勢、
ファンダメンタルについて詳しくなってしまう、
というのもFXの副産物のようです。



円高、円安の仕組みが理解できるので経済が
苦手な人は楽しみながら身に付くと思います。



それから売からイキナリ入るという戦略を
取ることも気軽にできる。



外貨預金や現物株式投資であれば買ったものが
値上がりするまでホールドという気の長い話ですが、
FXは「買う」ことも「売る」こともボタンひとつで
気軽にできるので、「買って値上がりした利益」と
「売って値下がりした利益」を取ることができます。



これらを踏まえて発展させた戦略が各通貨ペアの
相関を利用した「アービトラージ」という方法。



これは買と売を同時に保有してリスクヘッジしながら
「利ざや」を取っていこうという非常に頭を使った安全な手法。



基本的にスイング保有なので数週間から
数ヶ月間ポジションを保有することになります。



昼間にお仕事を持っていて忙しい方にはぴったりな方法です。

FXの取引方法A

外国為替証拠金取引で収益をあげるには、
ふたつの取引方法方法があります。




ひとつは、二国間の通貨を売買することで
得られるキャピタルゲインを狙った為替差益型の投資方法す。




もうひとつは二国間の通貨の金利差で収益を得る
タイプのスワップ投資と呼ばれるものです。




FXはレバレッジをはたらかせて行う外貨投資ですから、
為替差益型の取引が王道と言えますが、日中に本業の仕事があって、
常に相場を監視できる時間を十分に確保できないトレーダーにとっては、
デイトレやスキャルピングといった短期売買はなかなか手を出すことができません。




そのため、特に副業トレーダーの方には、一度セットしたポジションを
長期に亘って保持し続けるスワップ型の投資スタイルが人気あります。




どちらのトレードスタイルが、より簡単であるとか初心者向けだとかは
一概に決めつけることはできません。為替差益型の短期トレードも、
基本は「安く買って、高くなったら売る」もしくは「高く売ったものを安く買い戻す」
というシンプルな考え方が基本にあります。




乱暴な言い方になりますが、「運が良ければ」全く初心者でも
勝つ可能性も十分あるとも言えます。




しかし実際は、相場の動きを的確に予測するのは非常に難しく、
初心者が山勘でポジションをとって勝ち続けられるほど甘いものではありません。




初心者ならまずスワップ投資からはじめて、FXで収益を得る楽しさを
知ってみるところからスタートするのがおすすめです。




なお、ポジション管理が楽に思えるスワップ狙いの長期トレードも、
金融危機が勃発した場合は注意が必要です。
為替変動と政策金利の引き下げが同時に起こって、金利のプラス・マイナスが
逆転してしまうと、積み上げて保持してきたスワップポイントを一気に失ってしまう
可能性もあるということは知っておかなければいけません。




またポジションを持つタイミングも重要で、出来る限り円高局面でポジションを
とらなければ意味がないのは言うまでもありません。

スワップポイントって

FXはアクティブにトレードしなくても、
円より高い金利の通貨を持っているだけで、
毎日スワップポイントがつきます。


日本円は、スイスフランと並ぶ世界でも
有数の低金利通貨です。


極端に言えば、どの国の通貨を買っても
スワップポイントが発生すると考えても
言い過ぎではありません。


スワップポイントを狙ってポジションを持つ場合は、
より金利差の大きい高金利通貨を買いますし、


同じ通貨を取引する場合でもより高いスワップポイントを
提示しているFX会社で取引することになります。


スワップポジションは長期保持することが前提ですから、
高いレバレッジをかけることはありません。


かけても2倍〜3倍程度で十分ですので、レバレッジ規制後も
これまでと変わらず運用できるトレードスタイルです。


前向きに考えるなら、外貨を保有しているだけで金利が
付くスワップ投資は、レバレッジ規制後も存続する
FXのメリットのひとつだとも言えます。


スワップ投資は、短期トレードのように相場の動きを
始終チェックしながら細かい売買を繰り返す必要がありません。


そのためサラリーマンの方が副業的にFXにアプローチする場合に
いちばん向いているトレードスタイルでもあるでしょう。


1日あたりに発生するスワップポイントは微々たるものですが、
1万通貨単位の豪ドル/円のスワップポイントが90円だとしたら、


1ヶ月で2,700円ほどのスワップ金利が発生していることになり、
1年では32,400円のスワップポイントがつく計算になります。


もちろん取引通貨量が多ければ、発生するスワップポイントの額も
大きくなりますし、豪ドルよりもさらに高金利の通貨を取引すれば、
収益をもっと大きくするとができます。


いくら高金利通貨と言っても、国の情勢を正しく掴んでもいない
エマージェンシー通貨に初心者が投資するのはリスクが高いかも知れません。


はじめての場合は、定番的な通貨ペアを選択したうえで、
かならず円高局面を狙ってポジションを保有するようにします。


短期トレードより、長期的に多額の外貨資産を保有することに
なりますので、緊急時でも必ずログインでき決済注文が出せるよう、
システムが安定している業者で口座開設するようにしておきましょう。

いつも応援ありがとうございます。 
少しでも多くの方に読んで頂けるように
応援をお願いします。
   人気ブログランキングへ
これからもよろしくお願いします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。